読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと日々の記録(はてな版)

研究とかイベント運営とかの記録を淡々と。

【PR記事】『日本占領期の学校図書館』ニコ生報告&御礼

どうも。今井です。

本業の教育と研究で目の回るような日が続いています。皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて,先日こちらのブログで単著『日本占領期の学校図書館』についてニコニコ生放送を行う宣言を行いました。宣言倒れになると格好悪いので,実際に6月8日の19:00から放送を行いました。

来場者数:67人 コメント数:25

というこちらの予想を超える多くの方に視聴して頂き,またコメントも頂くことが叶いました。深く深く御礼申し上げます。既にニコニコ生放送タイムシフトは終了しておりますが,YouTubeアーカイブを掲載しておりますので,見逃した方はこちらからどうぞ。

www.youtube.com

放送の中でも取り上げていますが,今回の『日本占領期の学校図書館』は下記の資料とセットで読んで頂けると色々見えてくるものが広がると考えています。

ci.nii.ac.jp

ci.nii.ac.jp

ci.nii.ac.jp
もちろん,私個人のオリジナルな研究ではあるのですが,こうした先行研究がきちんとあってこそ,成り立っています。研究とは「巨人の肩の上にのる」ことであると研究をまとめた今だからこそ痛感しております。

なお,上記放送の中でもしきりに販売のことを気にかけておりました。2日に一度ぐらい,CiNiiやらカーリルやらをいじって,今どこの図書館が所蔵しているのかというのを見て一喜一憂しています。

担当者さんとのやり取りでは順調とのお返事を頂いておりますが,引き続き多くの方に手にとってもらいたいと思います。e-honで購入して頂ければお近くの書店で受け取れますので,ぜひこちらでのご購入をご検討頂ければ幸いです。

www.e-hon.ne.jp

私はAmazon派だという方は下記のリンクからどうぞ。

日本占領期の学校図書館 アメリカ学校図書館導入の歴史

日本占領期の学校図書館 アメリカ学校図書館導入の歴史

 

学術書は一回品切れになってしまうと,手に入れるのが困難になる*1ので,ぜひ手にとっていただき,お買い求め可能な内にお買い上げ頂けると,大変嬉しいです。

引き続きの口コミや宣伝をどうぞよろしくお願いいたします。あるいはブログ等での書評掲載などをお願いできれば幸いです。(このページにリンクで貼らせて頂きます!)

さて,色々仕掛けておいたことが公表できる段階に到達しつつあります。

また来週以降,お知らせ申し上げますので,どうぞよろしくお願いいたします。

*1:先ほどAmazonの方でそれを見越した中古の価格づけを行っている例を見て驚愕しました…