読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと日々の記録(はてな版)

研究とかイベント運営とかの記録を淡々と。

SLiiiC サマーワークキャンプ2014終了しました。 #SLiiiC

(以下の記事は夏期にほぼ毎日つけている「なつのとも」用に最初は執筆していましたが,思わぬ長文になりましたので本体に移動させました)

2日間にわたったSLiiiCサマー・ワーク・キャンプが終わりました。企画出発の2月段階から,ミラクルもトラブルもあらゆるものが押し寄せてきましたが,スタッフ,参加者の皆さま,学校図書館問題研究会神奈川支部の皆さま,kumoriさま,READYFOR?の支援者の皆さま,その他支援して下さった全ての方のおかげで,無事に2日間のプログラムを完了させることができました。有り難うございました。

私自身は,2日目は一参加者の感覚で,色々な情報を吸収する場に回ることができました。学校図書館問題研究会神奈川支部の皆さまは,何と実在の学校図書館のサイン計画を考え,評価の高いものは実現させる(!)という地に足の着いた企画かつ柔軟な発想で考えられている企画で,なるほどと思う素晴らしい企画だったと思います。それから,専修大学のゼミで作ったというLLブック(小田急ネタ)については,個人的に入手しようかと思うほど,質の高い内容でした。本当に有り難うございます。

サマー・ワーク・キャンプは,私にとって色々実験(BGMを流してみたり,開始時のオープニングムービーを作ってみたり)できる場であり,また気軽に自分の興味を明らかにすることができる場でありました。大切な大切な場です。

イベントの様子はTwitterスタッフ*1ならびに参加者の皆さまのご尽力により,Togetterまとめにすることができました。


SLiiiC サマー・ワーク・キャンプ2014まとめ #SLiiiC - Togetterまとめ

私は,どんな素晴らしいイベントでも,記録が残っていないと5年先には,実施したことさえ忘れられてしまうという考えを持っています*2。なので,こうしてまとめがその日のうちに記録に残ることは何より嬉しいです。

進行役として,あちこち喋りすぎたところもあり,ご迷惑をおかけしたかと思います。色々改善する点,反省する点が浮かんで参ります。どんなことが成果として残せたのか,不安になるところもあります。それでも,参加者の皆さま,関わりを持って下さった全ての方にとって,何か1つでもプラスになることが残せたなら,それが一番の成果だと思っています。

多くの方に関心を持って頂いたことに深く感謝申しあげます。有り難うございました。

追伸:参加者の方にしかわからないネタですが,2日間のオープニングムービーは制作時間10時間ぐらい,懇親会用のネタスライドの制作時間は数えたくありませんが,少なくとも皆さまにご覧に入れたのはバージョン7ぐらいだということは申し添えておきたいと思います*3

*1:本当に面倒で大変な仕事を引き受けていただき感謝!

*2:もちろん,記憶に残れば良いというのも正解だとは思います。

*3:別にたいした情報ではないのですが…