読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リブラリウスと日々の記録(はてな版)

研究とかイベント運営とかの記録を淡々と。

【お仕事記録】柏市豊四季台講座+司書教諭テキスト執筆

どうも。今井です。

趣味の観劇ブログの方をせっせと更新している間に,お仕事の方でも色々ありました。facebookとかTwitterではチビチビ書いていますが,Blogにまとまっていた方が後で見返しやすいので,短信でまとめておきます。

1.くるるセミナー講師

柏市豊四季台でのくるるセミナー講師(6ページの「大人のための読書会〜新しい本との向き合い方を学ぶ〜」)を担当しています。
参考: http://www.city.kashiwa.lg.jp/soshiki/020300/p026042_d/fil/20151215-p4_7.pdf(6ページに記載があります)

普段は学生さん相手なのですが,今回は様々な世代の方が参加されております。毎週水曜日の午後,4回シリーズです。既に2回目までが終了しておりますが,教えている側も色々な発見がある講座です。私は脱線が大好きなのですが,それは(学生さんの前でもそうですが)避けた方が良いとか,話すスピードはゆっくりが良いとかという当たり前のノウハウに気づくだけでなく,「〜はどうしてこうなっているのか」など本質を考え直す話題まで,それこそ幅広い発見があります。

来週からは私の信頼している実践者の方に登場してもらう予定ですので,今から楽しみです。

2.司書教諭テキスト執筆

樹村房さんの司書教諭テキストシリーズ『学校図書館メディアの構成』の新版で第12章から第14章の執筆を担当しました。この章はいわゆる目録、分類件名の演習部分に相当します。

f:id:librarius_I:20160218092825j:plain
個人的には学部時代の指導教員だった朝比奈先生の監修、そして学部で最初に司書課程の授業でお世話になった小田先生と名前を並べられることに、格段の喜びを感じております。テキストの内容は旧版を踏まえつつ,NDC10への対応を計り(といっても司書教諭なので大々的には影響はなかったので)若干の修正を加えました。あと,最新の動向としてメタデータの話を少しだけ触れております。

書店でお見かけの際には,是非お手にとってご覧頂ければ(そして購入していただければ)幸いです。

www.hanmoto.com

上記の記事には載せられませんでしたが,4月ごろにもう一つ大きなお知らせができる見込みです。また詳細が決まりましたらこちらで報告します。

宮城県教育委員会で研修会講師を担当します。

どうも。今井です。
2016年もどうぞよろしくお願いいたします。今年も色々お仕事の報告とか,イベントの話をここで書き散らかしていくこととなるかと思いますが,おつきあい頂ければ幸いです。

さて,2016年最初の大きな仕事は,宮城県教育委員会主催の学校図書館担当職員の研修会での講師です。なお,一般向けに公開されている物ではなく,自治体内部の職員向けの講習です。たぶん自治体主催の研修会担当はたぶん,生まれて初めて(!)です。嬉しい気持ち半分,下手なことはできない緊張の気持ち半分という所です。なお,内部向けのクローズな研修会ですが,情報そのものはブログに書いて良いとの許可をちゃんと得ておりますので,念のため。

期日は1月21日(木)の13:00〜16:00。東北歴史博物館での実施とのことです。大学の講義ですと2コマ分ということになりますが,既に資料は4コマ分ぐらいになっておりまして,さあ当日はどこをカットしようかという悩ましい状態です*1

お題は「学校図書館基本講座:学校図書館活用のために学べること,動けることー学校教育が学校図書館とつながるためにー」としています。学校図書館の現在のレビューと学校教育(教育課程)の話で,基本的と思われる前提のお話をあれこれして参ります。レジュメの章立ては今のところ,下記の通りになっています。

第1章:講義を始める前に
第2章:学校図書館に関する政策動向
第3章:「学校教育」に関する教育課程や学校教育の動向
第4章:「つながる」ために必要な要素について

なお研修用にちょっとした企みを考えております。ただ,ネタばらしをすると面白くないと思いますので,これは当日来て頂いた方のお楽しみということにしておきたいと思います。

*1:実際には当日の会場の反応を見て,どこを優先するかはライブで調整します。

【ご恵贈御礼+私的メモ】樹村房『学校経営と学校図書館』をご恵贈頂きました。

どうも。今井です。

立教大学の中村百合子先生から,樹村房『学校経営と学校図書館』をご恵贈頂きました。自分の担当する授業でもメインで使っている教科書でして,ちょうどシラバス執筆の時期でしたので,本当に有り難い限りです。感謝申し上げます。(もちろん自宅用にもちゃんと買おうと思います)

f:id:librarius_I:20151208112258j:plain

さて,今回のテキストはご本人のブログ投稿ポストでも明らかにされていますが,minor revisionではなく,major revisionとも呼べる改訂が行われています。私自身がまだちゃんと読み込めていないので,第一印象でしかありませんが,前の版と比べてどうだったかということを自分用のメモとして書いておきたいと思います。レビューと言うよりは私的メモなので,詳細は現物をご覧になった上で,ご本人の下記ポストも参照して頂ければ幸いです。

d.hatena.ne.jp

続きを読む

第17回 #図書館総合展 の御礼と感謝

こんにちは。今井です。

11月14日(土)の横浜市中央図書館の午前・午後フォーラムをもって,第17回図書館総合展は終了いたしました。図書館総合展運営委員会の運営委員として,そして「白百合女子大学司書課程・司書教諭課程」という出展者として,2つの立場で今回は関わっていました。

自分が11月10日(火)から11月12日(木)の3日間で関わった動きを書き出すと,下記の5つでした。

  1. 白百合女子大学司書課程・司書教諭課程ブース展示
  2. 図書館総合展学生のための展示ブースツアー
  3. ウェルカムボードを使ってPRに活用しよう!
  4. 横浜市中央図書館フォーラム「人がつなぐ,人をつなぐ学校教育ー可能性とつながる学校図書館へ」
  5. LDG(Library Drinking Girls)執事

1.白百合女子大学司書課程・司書教諭課程ブース展示と各種対応

白百合女子大学司書・司書教諭課程のブース展示では,今回私が運営委員としていなくなる時間はあったものの,多数のご来場を頂きました。いちいち名簿をつけているわけではありませんが,当日に用意していた名刺を120枚ほどブースの所で配布したこと,同時にブースで配布していたLiLiA Timesがこちらも120部なくなっていました。これに加えて,資料はいらないけれどもと話をさせて頂いた方が記憶している限り30名ほどおりましたので,およそ150名ほどの方とコミュニケーションを取ることができたことになります。

私のいない時間帯については,大学のパートナーであります堀先生につとめて頂いておりましたので,それをカウントするともう少し多くのご来場を頂いたことになるでしょう。本当に多くの方のご来場をいただき,感謝申し上げます。

2.図書館総合展学生のための展示ブースツアー

今回,当日になってから1番走り回ったのはこちらのイベントだったように思います。大学の先生をつけているから,アドリブで回れば良いかと最後まで考えていたのですが,運営委員長のSさんより,企業さんにきちんと話をつけておいた方がよいとのアドバイスを頂きまして,スケジュールに沿って,2日目,3日目は各ブースさんに,私の名前入りのご挨拶状片手にご挨拶回りをして参りました。

名前入りの挨拶状を配布したことによって,私に問い合わせが回ってくるようになり,色々大変ではありましたが,そのおかげで細かいご要望とかに柔軟に対応できたので,結果オーライではありました。Sさんには深く感謝です。

1日4つのツアーで3日間,12個のツアーが動いておりました。3日間合計で218名のご参加を頂きました。昨年のほぼ倍近い人数にご参加頂けました。

ただし,時間が50分と限られていたことから,ツアーで回れなかったブースさんが多くでてしまいました。個別にそれぞれ回るように指導して参りましたが,学生さん向けの人員をおいて頂いたにもかかわらず,また資料を用意して頂いたのにもかかわらず,回ることが出来なかったブースさんには申し訳ない限りです。来年度以降の改善点等ありましたら,今井までご一報頂ければ幸いです。

3.ウェルカムボードを使ってPRに活用しよう!

こちらは私が今回のイチオシ企画として考えていたのですが,当日になって受け付け人員を確保しておくことを忘れておりまして,助手兼受付という恐ろしい状態になりながら,講師と2人でバタバタしながら運営しておりました。ハッキリ言って講師は最高,運営的には失格レベルではありましたが,楽しんで頂けたようであれば幸いです。でも,当日の申込みで5名の追加を頂き,25名の方と一緒に作品を作り上げることが出来たのは企画者として何よりの幸いでした。

ぜひ制作物については,完成後,Blogなどで公開して頂けると講師も私もモチベーションが上がるので,是非お願いします。

4.横浜市中央図書館フォーラム「人がつなぐ,人をつなぐ学校教育ー可能性とつながる学校図書館へ」

今年で4年目を迎える横浜市中央図書館での学校図書館フォーラム。今年は「人」をテーマに構成いたしました。

横浜市の指導主事の方,および神奈川県立田奈高等学校の司書さんという,魅力的な講師に助けられてなんとか会を成立させることが出来ました。お二人に深く感謝申し上げます。

早速,稲城市の議員さんが参加記録をUPしてくださっていて,飛び上がるほど嬉しくなりました。

www.komei.or.jp

来年度はどうなるかまだ分かりませんが,ぜひ学校図書館の企画を継続してくださいとのコメントを頂きましたので,前向きに検討したいと思います。

5.Library Drinking Girls執事

楽しいイベントでした。執事の一人として,皆様に楽しんで頂けたのであれば嬉しいです。なお,詳細は空手家ライブラリアンさんのブログに任せた(ぇ。

 

空手家図書館員の奮戦記(旧・空手家小学生の闘病記): 図書館界最大のイベント・図書館総合展に行こう!(自主企画にもぜひ!)

6.その他御礼

 

ARGさんの写真集がFlickrにアップロードされていました。私は運営に走り回っていて,ろくに写真を撮れていない人間としては大変嬉しかったです。こういった会場を走り回っていたのだなあと写真を見ながら,ちょっとウルッとしております。

DSC00222 www.flickr.com

 こちらはポスターセッションの様子です。

DSC00525 www.flickr.com

あと,白百合女子大学の図書館ピア・サポーターLiLiAはポスターセッションだけでなく,会場のあちこちで八面六臂の大活躍だったようですね。関係者としては,いいぞもっとやれというコメントをこんな場で使えるとは思ってもいませんでした。GJ。

ameblo.jp

図書館総合展は,ただ見るよりも出展者として参加した方が何倍も楽しめるイベントです。今年来訪者として関わってくださった皆様,是非来年は出展者としてお目にかかりましょう。もちろん,来訪者としてもまたいらして頂ければ嬉しいです。皆様,また来年お目にかかりましょう。

なお,来年の日程は下記の通りです。

第18回図書館総合展 教育・学術情報オープンサミット2016
展示会:2016年11月8日(火)~10日(木)
図書館総合展週間:11月6日(日)~12日(土)
会場:パシフィコ横浜

また,色々思いついたら追記して参りたいと思います。ひとまず,全ての皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

(まとめ記事)第17回 #図書館総合展 の今井関連の動き

ども。今井です。

最近はすっかり図書館総合展Onlyな感じでブログを投稿しています。

しかしながら,連発したせいで,まとめ記事が欲しくなるような状況に陥っています。誰がですかって,私ですよ(逆切れ)。

 

閑話休題

 

というわけで,とりあえずこのまとめ記事だけ見ておけば,第17回図書館総合展で今井が関わる案件についてはおよそカバーできるはずです。

 

1.コミュニケーションブースの出展

白百合女子大学文学部司書課程・司書教諭課程で出展してます。

lfscflib.tumblr.com

実は,11月11日(水)11:15〜12:00の間,展示会場内スピーカーズ・コーナーAでプチ講義企画を企画しておりまして,本学の堀渡先生が登壇予定です。広報はほとんどできてませんので,来てくれたらとても嬉しいです。

「公立図書館の資料保存と除籍を考える」堀渡(白百合女子大学

 戦後の図書館状況を変えた『市民の図書館』が発行されて45年経ちます。図書館は全国に普及し各館で蔵書は蓄積されてきました。どこも書庫は一杯で、除 籍しながらの新規受入が常態化しています。資料提供を担保しながら、ある資料を除籍し、ある資料を保存する。そこを適切に切り開くことが、公立図書館振興 の次のステージの課題だと考えます。県と区市町村が連携し、広域図書館行政を構築する必要があります。その課題と可能性を考えます。

 2.展示ブースツアー

企業がたくさん出展しているブースに学生さんを連れてツアーを行ったりします。詳細は下記の記事をご参照下さい。

librarius.hatenablog.com

librarius.hatenablog.com

3.ブレインテックさんのミニコーナー出演

つい最近決まりましたが,11月11日(水)の午前11時から何か喋ることになりそうです。

braintech.co.jp

4.メーカーズ・ラボ企画

今年はこのウェルカムボード作成企画に結構なリソースを割きました。飛び込みも可にしましたので,多くの方に来て頂けると嬉しいです。

librarius.hatenablog.com

librarius.hatenablog.com

5. 11月14日(土)学校図書館フォーラム

総合展の展示期間終了後ですが,土曜日に関連企画として学校図書館フォーラムをやります。多くの方に参加して頂けると嬉しいです。

librarius.hatenablog.com

というわけで,いよいよ来週の開催となりました。

多くの方のお越しをお待ちしております。

 

#図書館総合展 11月12日(木)ウェルカムボード企画の続報

ども。今井です。

いよいよ明日が研究授業なのですが,ちょっとどうしてもご覧に入れたい画像がありましてブログ更新です。

f:id:librarius_I:20151031225414j:plain

講師のnookworks さんが,図書館総合展のメーカーズ・ラボ用にサンプルとして作って下さった,オリジナルウェルカムボードです。こんな感じの物が作れる企画「ウェルカムボードを作ってPRに活用しよう!」を,11月12日(木)の14:30〜17:00,パシフィコ横浜展示ホールDのメーカーズ・ラボで実施します。

まだ申込は間に合いますので,奮ってお申し込み下さいませ。

libraryfair.jp

なお,当日飛び込みもOKですが,定員に達した場合はお断りする場合がありますので,確実に受講してみたいという方は予めお申し込み下さいませ。

それから,これからお申し込み頂く方については,下記の事項について予めご確認頂いた上で,お申し込み頂ければ幸いです。

------

1.当日集合場所について

本企画は,11月12日(木)14:30~17:00に,パシフィコ横浜展示ホールDのメーカーズラボスペースにて実施致します。当日は,展示会場に直接ご来場の上,14:20までにメーカーズラボスペース(会場入って右手奥になる予定です)まで直接お越し下さい。

 

2.事前準備について

今回の企画は,当日その場で作成し,翌日から図書館に持参して展示してしまおうというコンセプトです。可能な限り,翌日から使えるボードを作成するために,参加者の皆さまで,もし特定のイベントに対するウェルカムボードが作りたいという方は,以下の情報を当日ご持参頂ければ幸いです。

  • イベント「大見出し」
  • 「日付などの情報」
  • 「詳細(あれば)」

イベントに関するチラシ,広報物があればそれを土台にすることができますので,ご持参頂ければと思います。また,こんな絵が入れたい…という見本のようなものや自分の下書き(鉛筆書きでも)が用意できる方はご用意下さい。あんまり複雑なものでなければOKとの返事を講師から頂戴しております。

もちろん,当日その場のアドリブで描きたいと言う方は,何も準備せずともその場で取り組んで頂けるよう準備しております。また図書館と直接に関連しないテーマでも,随時対応致します。皆さまのご希望を最大限に活かしつつ,素晴らしい作品が作れればと思います。どうぞよろしくお願いいたします。なお,当日作成するボードはA3サイズです。

3.参加費について

「ウェルカムボードを作ってPRに活用しよう!」は材料・参加費として,3500円を当日,会場で頂戴致します。お手数ですが釣り銭の出ないようにご用意頂けると大変助かります。

 4.領収書につきまして

今回,受付スペースおよび受付時間の制約上,材料・参加費の領収書を当日に発行することができません。領収書が必要な方は,後日,図書館総合展運営委員会より郵送致しますので,下記の事項を明記したメモ(書式は自由です)を当日,スタッフまでお渡しください。

  •  宛名
  •  郵送先

なお,品目は「図書館総合展メーカーズラボ材料・参加費として」と記載する予定です。

------

以上よろしくお願いいたします。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

#図書館総合展 11月14日(土)10:30〜12:00横浜市中央図書館で学校図書館フォーラムをやります。

こんにちは。今井です。 今年も図書館総合展週間の最後の土曜日,11月14日(土)10:30〜12:00に,横浜市中央図書館で学校図書館企画を実施します。

その名も「人がつなぐ、人をつなぐ学校教育ー可能性とつながる学校図書館へ」。

昨年はICTをテーマに致しましたが,今年は「人」と言うテーマを設定して,色々な可能性を考える場にしたいと考えています。

前半では横浜市教育委員会事務局指導部指導企画課の方をお招きします。横浜市は平成25年度から平成28年度までの4年間で,市立小・中・特別支援学校全校に,学校図書館に関する業務を担当する「学校司書」の配置を進めており注目を集めています。当日は「学校司書」の配置を含め,横浜市学校図書館推進施策について,お話しを頂戴いたします。

後半では神奈川県立田奈高等学校司書の松田ユリ子氏をお招きします。神奈川県立田奈高等学校は,「ぴっかりカフェ」という週に1回,校内の図書館が,無料で飲食ができるカフェ空間に変え,その中で高校生の悩みや不安に応える地域の相談員と高校生が出会って支援するという試みを行っています。当日は松田ユリ子さんとともに,この興味深い試みについて,お話しを頂戴いたします。

本フォーラムを通じ,「人」ということを異なった視点や立場から検討し,学校図書館が持つ可能性を1つに限定することなく,様々な可能性を持つ場所であることを確認する場にできればと思います。多くの方のご参加を心よりお待ちしております。お申し込みは下記のフォームからどうぞ。

https://www.prkcps.com/tosho2015/yokohama/